information

news

2013年6月、改装して一部の作品を非公開にしました。加筆修正して再掲載する予定です。
『サマーウォーズ』に3つ追加。寄稿した作品なので新作ではありません。

about this site

星とスミレは真野千代子による二次創作文サイトです。版権元とは一切関係ありません。作品の無断転載等は固く禁じます。同性愛を含む性描写、暴力、思想的に偏った表現、捏造設定やネタバレが予告なく飛び出します。年齢制限が設けてある作品については別途表記に従ってください。
リンクはご自由にどうぞ!バナーは直リン可能です。

E-mail sav@spilum.com
   

ハイキュー!!

たちつてとおるさん|及川と影山、HARU18ペーパー
別れ際、また電話すると及川さんが言った。▼1,113文字
マイ・メランコリー・ベイビー|及影R18
北川第一中学校は数日後に文化祭を控え、多くの生徒が準備に追われている。▼11,155文字
しんしんと甘眠|東西R18
俺と旭さんには大きな隔たりがある。▼4,544文字
つなぎ合わせてやっとひとつ|黒尾と研磨
ネコの脳として機能するようになってから、おれの世界は変わった。▼2,778文字
涙も連れ去ってくれないか|日影で及川→影山
「トビオちゃんが男とキスしてる」▼1,958文字
世界を止めて|日向と影山
梅雨真っ直中の今日、六月二十一日は日向の誕生日だ。▼2,798文字

青の祓魔師

青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星|雪男
僕の夢はきらめく青の世界。▼2,082文字
雨のワルツ|志摩と燐
金持ちだらけの正十字学園でビニール傘を広げる人間は少ないが、志摩は空が見えるビニール傘がわりと好きだった。▼1,971文字
うそつきにやさしい夜|志摩と燐
たとえば、この感情が恋だとする。▼1,693文字

涼宮ハルヒの憂鬱

バッドエンドのサイレンが鳴る|キョンと古泉
今日は映画館をはしごするわよ! と高らかに宣誓したハルヒは、例によって一番最後に現れた俺をチケット売り場へと送り出し、五人分のチケットを買わせた。▼1,882文字
すべては闇に閉ざされている|キョンと古泉
今日は皆既日食ということで、我々SOS団は団長である涼宮さんの命令により昨年天体観測を行ったベランダに集合していた。▼1,732文字
スカート|キョンと古泉
放課後、緩慢な動きで部室のドアを叩こうとした矢先「奇遇ですね」と声を掛けられた。▼19,783文字
虹色心中|キョンと古泉
「虹色の空を見たことがありますか」▼1,086文字

サマーウォーズ

不実の星|健二と佳主馬、寄稿 追加
空が泣いた。▼2,136文字
鼻血×佳主馬×指チュッパ|佳主馬
死ぬほど暑い。▼5,635文字
夏色の風|健二と佳主馬
バスに揺られながら健二は慣れた手つきでネクタイを締めた。▼2,386文字
夏の気配にゆれるブランコ|健二、寄稿 追加
あの夏は僕にとって宝物のようで、夢のような出来事だった。▼5,672文字
恋のワン・ツー・スリー!|かずけんR18
ぼくには年上の恋人がいる。▼5,350文字
だってみんな夏のせい|けんかず
人間は万年発情期というけれど、本当は夏なのではないかと健二は思う。▼1,774文字
恋のまなざし|佐久間→佳主馬
親友の顔に見覚えのないアイテムがあった。▼1,615文字
こどもの体温|健二と佳主馬
訪問者は突然やって来た。▼1,232文字
SURELY SOMEDAY|健二→佳主馬
明日からの三連休を名古屋観光に費やそうと思って前日に乗り込んだはいいけれど、僕はそのことを早くも後悔していた。▼1,398文字
愛しのチャームポイント|健二と佳主馬
「健二さん、目が悪くなったんじゃない?」▼1,010文字
KKの中の人を妄想するスレ|けんかずR18
「またイタズラ?」▼4,997文字
雨にうたえば|健二と佳主馬、CC127無料配布
梅雨冷の昼下がり。シャツに腕を通し、ボタンを留めながら、窓を叩く雨粒を見つめた。▼1,042文字
恋の呪文|佐久間→佳主馬
「……ねえ、佐久間さん」▼1,461文字
欲望の庭|理一と侘助
朝顔の季節だった。▼7,046文字
ロマンチック・カウント|物理部と佳主馬
年末恒例の歌番組を見ながら、佳主馬と佐久間は背中を丸めてみかんを食べていた。▼2,172文字
ラブ・イン・バスルーム|侘助と佳主馬
スニーカーを脱ぎ捨てた佳主馬は裸足をぴたりとつけて廊下を歩く。▼2,381文字
明日へ|健二と佳主馬、寄稿 追加
星の瞬き。花火の煌めき。瞼の裏できらきら光が揺れる。▼999文字
純情な手のひら|健二と佳主馬
「もうすぐお兄ちゃんになるんだからねえ」▼2,310文字
夏はまだこれからだし|健二と佳主馬
夏休みの間、陣内家で過ごすことになった健二は、すっかり夏希の許婚として馴染み、平穏で涼やかな日々を送っていた。▼1,369文字
愛情はんぶんこ|健二と佳主馬、寄稿
あつい日射しのなか漂っていた意識がゆっくり浮上する。▼3,685文字
20100731-0801|健二と佳主馬
二〇一〇年、七月三十一日。僕らの合戦は幕を閉じた。▼528文字